FC2ブログ
WBS Logo

ウォーリックビジネススクール (Warwick Business School)MBA日本語サイト

このHPはWarwick Business School(WBS)を紹介するために在校生が作成している日本語の非公式サイトです
This is an unofficial site made by WBS Japanese students in order to introduce University of Warwick, Warwick Business School (WBS) to Japanese people.This website is Japanese only.
HomeWBS | カリキュラム | 出願 | キャリア | 生活 | 留学準備 | リンク | 事前語学コース | 住居 | 保育園 | パートナー向けクラス 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Supply Chain Management

2010.06.07
*2009-10年度
【開講時期】
Summer Term(Elective)
【担当講師】
Helen Walker, Nigel Slack, Michael Shulver
【テキスト】
Levi and et al. "Designing and Manageing the Supply Chain"
【評価】
100% individual assingment
【授業内容】
Extended Enterprise Concept, Internal Value Chain, Service Supply Chain, E-Business, Sustainability and CSR, Supply Chain Risk Management, Outsourcing and Procurement, Supply Relationship Management, Value of Information
【受講生の感想】
2007-08年度と異なり、2009-10年度は「Supply Chain Managemnt」として、Warwickでの開講となっています。Mannheimでは「Supply Chain and Logistics」という「欧州内の物流」をメインにした科目が開講されていました。
Dr. HelenとProf. NigelはSpring TermのOperations Strategyも担当しており、重複する内容はありましたが、
Further Reading、Caseともに比較的新しいものが多く、満足のいく講義でした。
100%個人レポートでの評価ですが、講義期間中は、毎日、午前・午後の各Topicに対応したCaseに対する小プレゼンと、最終日には、任意の近隣企業へのInterviewに基づくSupplyChain分析プレゼンがありました。
全グループが全てのCaseにプレゼンするため、時間に追われ、質疑に割く時間が少なくなってしまいましたが、
この点は、グループプレゼンを評価対象(20%程度)に組み込むか、と合わせ、次年度への検討項目となっています。
WBSのTeaching Fellowも務めるIBM Business Consulting社のPartner Andrew Mayfieldによる「Supply Chainの現実」と
題したゲストスピーチと質疑も、「綺麗ごとだけではない」実経験に基づいたもので、非常に興味深かったです。

なお、Essential Readingは基本的にテキストのChapterのみですが、各TopicともFurther ReadingのArticleが
2-3点あり、どれも、Supply Chainを学ぶ上での基本的な、参考になるものですので、講義前・後問わず、
一度は読むことをお勧めします。


スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©ウォーリックビジネススクール (Warwick Business School)MBA日本語サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。